【センチュリー21】フリーレントについて

近年、【フリーレント】の言葉がよく賃貸では使われることが多くなりました。

一体【フリーレント】とはなんなのか。

期間を定めて、その間は借主は賃料(家賃)を支払わない期間になります。

純粋にその期間家賃収入が貸主の負担になります。

そうすると貸主にとってただフリーレントの期間分の損失に感じてしまいますが、良い点もございます。

通常賃貸で借主が申し込みから契約、入居までの期間はおおよそ2週間から3週間ほどになります。

また申し込みから審査の結果がわかるまでもお時間がかかり、既に賃貸で住んでいる方だと、

審査の結果を確認してから現在住んでいる住居の解約通知を管理会社、もしくはオーナー様に送ります。

通常解約の際は1ヵ月前通知や2ヶ月前通知などで、解約通知を出してから1ヵ月、2ヶ月は家賃が発生してしまいます。

そうすると次に住む物件の入居日と今住んでいる物件の退去日がきれいに合う事が難しく、家賃がかぶってしまう事になります。

引越し業者の手配なども含め実際は多少期間をかぶらせて余裕を持つのがベストですが、

期間をかぶらせる分、出費も増えます。

そこで、フリーレントが次に借りる物件についているとフリーレントの期間、家賃がかからないので

借主にとってはおおきなメリットになります。

また、貸主にとってもフリーレントをつけている物件とついてない物件での差別化や、

契約時にフリーレントを入れているので例えば特約として

【二年未満の解約時はフリーレント分費用を貸主に支払うものとする。】

など、の特約を記載して長期での入居を促す事もできます。

 

閑散期や長期で空いている物件などにフリーレントをつけて一度試してみてはいかがでしょうか。

 

賃貸のご相談などはセンチュリー21 アイワハウスにご相談ください。

皆様からのご連絡お待ち申し上げております。

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です