アイワハウスのリロケーション『楽々転勤』

留守宅を賃貸に出されるといっても、オーナー様にご事情は人それぞれです。
分譲マンション、一戸建てを賃貸に出される場合、住宅ローンなどがある方が多数です。
その為、「高く貸したい」「リロケーションにかかる手数料を安くしたい」などのお問合せを
多くいただきます。また、分譲マンションと一戸建てを比べた場合、維持の方法は異なります。
オーナー様と密にお打合せをさせていただき、余分なサービスと必要なサービスの内容を決定
していきます。オーナー様のご希望にそったリロケーションシステムを構築できるシステムが
センチュリー21アイワハウスの『楽々転勤』です。

急な転勤も安心!お客様にとっての最善の方法をご提案します。

急な転勤や、一時的に家を空けるのだけどどうしたらいいの?そんな疑問にお応えいたします。
明け渡しが確実な「定期借家契約」幅広く入居者様を探せる「普通賃貸借契約」、お客様や物件によって最善の方法は異なります!売却も視野に入れた方がいい場合だってあります。
普通賃貸・定期借家・売買仲介(売却)・買取のクアトロ査定もご用意しておりますので是非ご活用ください。大切な資産の有効に活用できるよう最善策を一緒に探していきます。

 

 

海外に居住予定の貸主様へ

課税に関して

国外の居住となる貸主様は、「非居住者」となり、居住地での所得に対してその国で課税させることになります。
しかし、日本国内での不動産賃貸収入も所得となりますので、当然その所得に対して、確定申告をしていただくことになります。
必ず納税管理人を物件所在地の税務署へお届けください。

源泉徴収に関して

所得税法により、賃借人が法人の契約の場合は貸主様(非居住者)へ支払われる賃料より、毎月20.42%(~2037年)(所得にあたる礼金や共益費も同様)を源泉徴収して所轄の税務署に納付することが義務付けられています。
したがって、毎月の振込み額は総賃料より源泉徴収額を差し引いた金額となりますが、これはあくまで賃借人が税金の先払いをしているだけなので、納税管理人が確定申告の際に還付申告は5年間の申告時効期間内であればさかのぼって行えます。帰国されると源泉は中止されます。個人契約の場合は規定外のため、納税管理人にて納付しなくてはなりません。

確定申告に関して

国外の居住となる貸主様は、「非居住者」となり、居住地での所得に対してその国で課税させることになります。しかし、日本国内での不動産賃貸収入も所得となりますので、当然その所得に対して、確定申告をしていただくことになります。必ず納税管理人を物件所在地の税務署へお届けください。

 

 

 

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。