ワンストップソリューション

センチュリー21アイワハウスでは、大切なオーナー様の不動産は重要な資産として捉え、プロパティ・マネジメントの観点から不動産収益の最大化のためのご提案を行っています。
不動産の活用の仕方は様々ですが、それぞれのロケーションに合った活用方法を取らなければ、不要なアパートの建設、不要な駐車場設置になり、予定収益が得られないといった問題に発展します。それらを避け、あらゆるパターンを検討するためには、客観的な判断ができ、地域状況に精通したセンチュリー21アイワハウスへご相談ください。

 

5つの活用方法

土地・建物活用方法メリットデメリット
①マンション・アパートの建築長期に渡り収益が見込め、節税効果が高い・入居状況で収益がブレる
・相続分割が困難
②駐車場・コインパーキング投資が少なく、安定収入が見込める土地の利用効率が低く、収入が少ない
③定期借家・定期借地必要な期間のみ賃借が可能普通賃借よりも賃料が低い
④用途変更これまでと異なる入居者が得られるリフォーム費用が高額になる
⑤売却(土地・建物の売却)資産を現金化できる一次的な税金負担が重荷

マンション・アパート建築

土地活用の代表的な手法は、マンション・アパート建築です。将来に渡り安定した収益が見込め、相続減税としても大きな効果を発揮します。しかし、対象を単身者、カップル、ファミリー、のどのライフステージをターゲットにするかで、将来の収益率が変わります。地域の特性に合わせた間取りや仕様にすることが望まれます。地域の状況を踏まえ、最適な協力業者とタッグを組み、ご提案致します。その際に、想定利回りやセンチュリー21の店舗と組むメリットなどをご説明し、ご納得の上でプロジェクトを進めさせて頂きます。

駐車場経営

手軽な土地活用の手法として、駐車場経営があります。駐車場経営は、初期投資額が低いといったメリットがある一方で、利用効率が低く収入が少ないといったデメリットがあります。駐車場経営は、車や人の往来が多い場所や地域の駐車場需要が見込める場所であり、車の出入りがスムーズにできるなどの要件が揃えば向いています。
また、相続時など必要に応じて換金しやすいといったメリットもあり、将来性を踏まえて検討されると良いでしょう。

定期借家・定期借地

■定期借家
すでに住宅を所有している場合は、その物件を定期借家とすることができます。定期借家の場合は、期間を任意に設定できるため、オーナー様が将来的に再び住む可能性が高い場合におすすめの契約方法です。
公正証書が必要な場合もあり、手続きや契約には慎重さが求められるため、契約に際しては、不動産のプロを介して行うことが求められます。

■定期借地
定期借地とは、土地の所有権を移すことなく、任意の期間で賃借の形で利用者に利用権を提供する契約形態です。一般定期借地の場合は50年以上、事業用定期借地の場合は、10年以上~30年未満、30年以上~50年未満のいずれかの期間契約となります。
オーナー側のメリットとしては、

・貸した土地は必ず戻せる
・建設に関わる自己資金が不要である
・確実に賃料収入が見込め、事業リスクが小さい

などがあります。
借り手の代表的な用途例として、住宅建設、時間貸駐車場、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、物流倉庫などがあります。

用途変更

手法として、建物の用途変更をすることが近年注目を集めています。
例えば、これまで学校寮や企業の社宅といった用途で使用されていた場合、サービス付き高齢者向け住宅やシェアハウスなどに用途変更することで、入居者を広く募集することに繋がります。
また、募集に際しても特徴を明確にすることで、他の物件との差別化が図れ、賃料を上げることも可能になります。しかし、そのための大規模リフォームが必要な点、既存入居者が居る場合の退去交渉など、クリアすべき課題もあります。適切な判断を行うために、一度ご相談ください。

売却

土地や建物を売却する場合、出来る限り高値で更には早期に売却先を見つけることが求められます。
売却は一度手放すと、後悔しても取り返しのつかない事になるため、建築や賃貸も含めて総合的な検討を踏まえて売却を決めることをお勧めします。
売買の専任者がいる相談先であることは重要ですが、建築・賃貸も含めて検討できる相談先として、センチュリー21アイワハウスへ是非、ご相談ください。

 

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。