11月4日更新【センチュリー21】空室対策|宮前区犬蔵・貸したい

<空室対策>家賃を下げる!

空室対策とは、家賃を下げるか、物件の価値を高めるか、

または募集方法を強化する、という三つが中心になります。

まずは、家賃を下げる手段から考えてみましょう。

年数の経過に応じた工夫をしなければ、家賃の下落は避けられません。

物件(部屋や設備)は古くなっていきますが、

周辺には新築のアパートやマンションが建っていくからです。

たとえ工夫をしたとしても、地域の賃料相場が下がれば家賃の値下げを強いられるでしょう。

そのときは、物件の価値に合った「適正賃料」を把握していることが重要です。

家賃の値下げで対応するなら、その適正賃料より多少低く家賃設定することで、

お客様に「割安感・お得感」を感じていただきましょう。

この「さじ加減」は非常に重要ですね。

ただし、空室対策を「家賃の値下げ」だけで対応していると問題が起こります。

まず既存の借主から値下げを要求されます。

インターネットで募集するので「家賃の値下げ」を隠すことはできません。

更新(自動更新なら2年)のタイミングでは応じざるを得ないのではないでしょうか。

次回の投稿は物件の価値を高める手段をお伝えします。

アイワハウス:花上(ハナウエ)

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です