【賃貸】急な転勤などで空き家になる際

急な転勤などで空き家になる際、

選択肢がいくつかあると思います。

①賃貸で貸しに出す。

②売却にして一度売却する。

③空き家にしておく。

無期限の転勤の場合ですと①、②どちらを選ばれても特に問題はないかと思います。

特に①ですとローンの支払いや入居前のリフォーム、賃借人が退去後のリフォームなどあり、費用が細かく出ていきますが、長く住んで頂けるとその分収入としては継続的に家賃が振り込まれます。

②ですとローンの残債と現状の相場によって売却できない場合を除いて一度の取引で全てが終わりますので負担は少なくなります。

一長一短でなかなか難しいですが、安心して管理を任せられる会社があるなら①の賃貸。

手間やめんどうはちょっとっというのであれば②売却で問題がないかと思います。

また、期間の定められた転勤の場合ですと、一定期間が過ぎた場合、戻ってくるので住居が必要になります。

一度売却してしまうと、再度不動産屋に手数料や物件探しなどの費用と労力がかかります。

よって期間を定めた賃貸(定期借家)もしくは不動産業者による借り上げが良いのではないかと思います。

定期借家の場合ですと例えば、2年間の契約期間が満了までやむを得ない事由がない限り賃貸借契約を継続させます。

同じく転勤や住居の建替えなどで一定期間のみ住む方が借りるケースが多いので退去時期については特にもめるケースは少ないです。(むしろ期限を決めての契約なので基本は出ないといけない為)

なので、ただ空き家にするとか楽だから売却にするという選択もありますが、

転勤の際は賃貸で一度相談してみるのもありなのかな?と個人的に思います。

 

また、色々と業者に相談すると何がなんだかわからなくなりますよね・・・

弊社、Century21 アイワハウスでは、

Century21だからこそできる事があります。

賃貸募集、賃貸管理、売買、買取、リースバック、リロケーションなどの事業全て弊社でを行わせて頂いております。

また、リフォーム部門もありますので弊社でリフォームのご相談もできます。

例えば、

賃貸募集→賃貸管理→リフォーム相談→建て替えや住み替えで売却相談→新居のご相談

まで、全て弊社1社で行えます。

それぞれ専門の部がございますので担当一人でのご案内ではありませんが、

Century21アイワハウスとして責任をもって住居のご提案をさせて頂きます。

転勤の際や住居のご相談などございましたら、些細なご相談でも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です