江田駅 分譲マンション 賃貸 リロケーション 相談承ります!

分譲マンションでお住いの方で急な転勤などで一定期間空室になる際、どうすれば良いのか?

皆さん、悩まれるかと思います。

賃貸で貸しに出すのか、それとも一度売却するのか?

戻る予定があるけど、どうしたらいいのか?

そういった場合は賃貸で貸しにだすのがベターになっております。

簡単にではありますが、ご説明をさせて頂きます。

 

①普通賃貸借で貸し出す。

→期間を決めず貸しに出す方法

 

②定期借家契約で貸しに出す。

→一定期間を決めてその間特別な理由がない限り住み続け、期間が満期に迎えると同時に引渡し。

 

③リロケーションなど借り上げで管理も全てお願いする。

→お互いに定めた期間、不動産会社が借りて家賃保証を行い、管理なども全て行う。

 

大まかに分けて賃貸募集の場合、この三つにわかれます。

通常のアパート経営などの大家さんだと賃貸募集などの際、基本的には①の普通賃貸借が主になっております。

ただ、逆に転勤などで期日が明確に決まっている個人オーナー様の場合に貸しに出す際は、定期借家などで期間を定めて貸しに出す事がほとんどです。

いざ、戻る時に普通賃貸だと借りている方が住み続けていると元の住居に戻りたくても戻れなくなる為です。

ただ、定期借家での募集の際にデメリットも勿論ございます。

それは、募集賃料を相場より少し落とさないと決まらないという点です。

借りる側は決まった期間住む契約になります。

途中で引越しをする際は、基本的に違約金などを支払うケースがほとんどになります。

※特約にて免除や、やむを得ない理由の際は支払わなくても良い

なので、普通賃貸借に比べてデメリットがあります。

そこを補うために、家賃を安く設定して貸しに出さないと借りては決まらないのです。

なかなか一長一短ですが、全て査定をして数字を見て判断して頂くのが一番早いかと思います。

弊社では、普通賃貸、定期借家、リロケーション、売買、買取など全ての査定を行えます。

貸せばいくらになるのか?

売却したらいくらになるのか?

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

アイワハウス 藤井

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です