【法人契約について】

個人で賃貸を借りたことはあるかもしれませんが、

法人契約をしたことがないという方いらっしゃると思います!

知っておくと役にたつ注意点や審査基準をお伝え致します。

法人契約とは?

大きく分けて2つになります!

➊会社が福利厚生として家賃補助をだしている場合

(契約者が会社で住むのは会社というケースです)

❷事業オーナーが自宅兼事務所として借りる場合

主に➊についてお話します、

法人契約は主に会社が家賃の一部を負担してくれる事が多く、個人よりも法人の方が信用度が高いため、

審査が通りやすいです! 

しかし、会社の規定や貸主の判断があるため法人契約ができない場合があります、ご注意ください。

居住用で賃貸物件を法人契約する場合の注意点をご説明いたします。

初期費用についてですが、居住用の契約をするため、個人に貸し出す場合と初期費用は変わりません!

しかし、会社が全て出す場合と折半する場合、また家賃以外の費用は全て借主が負担する場合も

あるので会社の規定をしっかり把握しておきましょう!

また、会社によってはエリアや地域えお指定されている場合もあるので、そちらもしっかり確認しておくと良いでしょう!

申し込に関してですが、個人か法人かだけでそんなに大きく変わません!名義が法人か個人かだけです、

必要書類に関してですが!

・会社謄本 ・決算報告書 ・会社概要の分かる書類(パンフレットなど)・法人税納税証明書 

・社員証のコピー ・入居者の住民票 ・法人の印鑑証明 が必要です。会社に関わる書類が多いですね。

※大手企業であれば法人納税証明書や入居者の住民票が不要の場合があります。

こちらの書類を提出していただき、審査の結果を待ちましょう。

(信用度の高い会社であれば落ちる事は少ないです)

審査が通りましたら、初期費用を振込みます。

こちらの順番は個人と法人は特に変わりません、

その際に会社が振り込むのか個人で振り込むのか注意しましょう!

一般的には会社が行うことが多いようです、実際に借主は管理会社に行くことはしないで、基本的に郵送での

署名、捺印をしていただきます。(基本的に法人印を社外に持ち出すことができないからです)

以上で契約が終了になります!

簡単な説明にはなってしまいましたが、流れはこのようになります! 覚えておきましょう!

 

センチュリー21アイワハウス賃貸部:島

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です