空室対策をしっかりしていますか?

【空室を埋める!!アパートマンションの対策!!】

では、具体的にどんな空室対策があるでしょうか。空室対策には、費用がほとんどかからないものから、費用をかける代わりに大きな効果のあった事例があるものなどがあります。所有する賃貸住宅の現在の状況にあった空室対策を選んでください。

①どんな人に入居してもらうかターゲットを決めましょう!

物件がかなりの数存在します。競合物件と同じような物件では差別化ができません。しかし、ほとんどコストをかけずに差別化を図れる方法があります。それが、ターゲットの見直しです。ペットを飼いたい入居者や増加傾向にある外国人労働者、高齢者など、ターゲットを絞る、逆に入居者の幅を広げることで、費用をかけずに空室対策が可能です。

②家賃や初期費用を減らす

物件をお探しの方は気になる部分ではあります。

大事なのは、ただ家賃を下げるだけでなく、周辺の物件リサーチを行なった上で、適正な家賃に設定を

することです。大家としては収入が下がる為、慎重に行いたい所です。

しかし、コストをかけずに空室対策が行えます。

③人気の設備を導入する。

今の世の中、入居者にとって必須のエアコンや近年人気の宅配ボックス、入居者無料Wi-Fiなど、入居希望者がインターネットを使って部屋探しをする時は、自分に必要な住宅設備にチェックを入れて検索をします。そのため立地や内装などの条件が当てはまっていても、その設備がないだけで検索結果に表示されないことがあります。

なので人気の設備が物件に備わっていない場合には、導入を検討してみるのも一つです。

 

このようにまだまだ出来る空室対策はございます!しっかり競合物件との差を調べるのも大切です!

是非参考にしてみてください!

不動産の事ならセンチュリー21にご相談ください!

 

アイワハウス島

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です