11月25日更新【センチュリー21】空室対策|青葉区美しが丘・貸したい

不動産投資家向けのコラムの中に、
賃貸住宅を経営されるオーナー様に
関係する記事を見つけました。

貸ビルの2 割近くが空室の状況の中で、
全部埋まっているビルと空室が多いビルとはっきり分かれているようです。
プロの不動産業者が所有して、管理しているビルは満室で、
個人オーナー様が所有しているビルは空室が多いようです。
不動産業者がオーナーの場合は早めの空室対策を実施しているようです。

例をあげると、
①賃料を相場に合わせて下げる。
②フリーレント期間を長くする。
③オーナーが支払う広告費を2 ~ 3 ヶ月分出す。
④保証金の償却をやめる。
⑤保証金の金額を1 年分から半年分にする。
⑥適切な修繕を行う。などです。

これらの行為を、
現場で感じて、早めの対応が明暗を分けています。
そのような対策を行った物件は、
築年数や立地、物件の善し悪しに関係なく埋まっているそうです。
貸ビル業界の事例なので賃貸住宅の運用とは違う感覚もありますが、
空室対策の基本的な考え方は共通しているように感じました。

宮前区・青葉区・都筑区の空室でお困りのオーナー様、
センチュリー21アイワハウスへご相談ください。

アイワハウス:花上(ハナウエ)

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です