不動産の売却・買取で訪問査定にするメリット

不動産を売りたい、または近い将来売りに出そうと考えており不動産業者に相談したい場合、売却対象となる物件の市場価値を知るために査定依頼を出すことになります。

この時、依頼者側は簡易査定(机上査定)または訪問査定を選択することになりますが、近い将来にでも売却する可能性があるのであれば訪問査定がお勧めです。

この回では簡易査定と訪問査定の違いを押さえ、なぜ訪問査定がお勧めなのか見ていきます。
 

 

簡易査定とはどういうものか?

簡易査定は机上査定とも呼ばれ、不動産業者の担当者が対象物件を直接目視せずに行う査定法です。

戸建てかマンションかなど物件の種別や所在地、築年数などの基本的な情報から、簡易的におおよその価値を調べることができます。

基本的なデータを知ることで、不動産業者側はそれまで扱ってきた経験と重ね合わせ、「△△にある築〇年のマンションなら大体このくらいだろう」というように、ごく大雑把な査定額を割り出すのが簡易査定です。

不動産業者の担当者を家に招き入れる必要がなく手軽である反面、実際に物件の状態を見ていないわけですから、査定額の精度はかなり低くなります。

簡易査定は、「まだ売る気はないけど、将来売ることになるかもしれないので、今の時点での大体の価値を知りたい」という場合には有効ですが、近い将来売却する可能性がある時や、すでに売却が決まっているのであればほとんど意味をなしません。

これに対して、訪問査定の役割とメリットを次の項で見てみましょう。

 

訪問査定の役割とメリット

訪問査定では、不動産業者の担当者が実際に物件を目視して対象不動産の状態を把握します。

内装や設備の状況、外装の状態、また周辺環境がどうなっているのかなど、実際に目で見なければ把握できないことも確認できるので、査定の精度が高まり、より正確な市場価値を把握することができます。

場合によっては物件そのものをみるだけでなく、不動産登記簿などの情報も総合的に勘案して査定を行います。

より正確な市場価値を割り出すこと以外に、依頼者側としても招いた不動産業者の担当者と直接やり取りすることができるので、担当者の信頼性や相性などをチェックする役割も持ちます。
訪問査定のメリットを簡単にまとめてみましょう。

・正確な市場価値を把握できる
・担当者との相性をチェックできる
・査定額の根拠を担当者に尋ねることができる
・査定額を元に売り出し価格を検討することができる

加えて、不動産を売却するには最終的に必ず訪問査定を実行しなければならなくなるということも知っておく必要があります。

この点を次の項で説明します。
 

 

売却するには“必ず“訪問査定が必要になる

不動産業者としては、仲介を引き受ける場合は必ず訪問査定を実行してもらう必要があります。

直接確認していない物件は責任をもって仲介することができませんし、何よりオーナー自身が売り出し価格の設定に困ることになるからです。

ですから、売却の現実性が高い時や、すでに売ることが決まっているケースでは、簡易査定ではなく最初から訪問査定をお願いした方が断然スムーズです。

結局は必要になる作業ですから、後回しにする必要がないということです。

また仲介ではなく、不動産業者による直接買取の方式で売却する場合も、やはり机上査定だけで買い取ってくれることはありません。

業者側は自分の目でしっかりと対象物件を目視する必要があるので、結局は訪問査定によって物件の市場価値を把握しなければならないということですね。

仲介と直接買取両方に対応している業者であれば、訪問査定を経ることでどちらでも対応することができるようになりますから、どちらの方式で売却する場合も最終的に必ず必要になる訪問査定を選択する方が無駄がなく、手間の面で楽に売却を進めることができます。

 

■賃貸または売却をご検討中のオーナー様へ

賃貸・売却をご検討中の際はお気軽にご相談ください。

賃貸をご検討中のオーナー様

売却をご検討中のオーナー様売却相談

 

記事監修者 アイワハウス株式会社 花上 達也
センチュリー21アイワハウスに就職後、不動産賃貸、不動産管理、転勤(リロケーション)、土地活用など幅広い不動産業務を行う。不動産売買の経験あり。

不動産の賃貸募集、賃貸管理、リロケーションお任せください。お住まいの賃貸をお考えの方は無料査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です